資格

豊富なの資格

センセイになるために欠かせない「保育士資格」や「幼稚園教諭免許」から、活躍のステージを広げるもの、全国的にも専門学校で取得できるのは経専保育だけという「折紙講師資格」など、どのコースでも最大8〜9種の資格が卒業と同時に取得可能です!

資格一覧
学科・コース別 資格一覧

10種の資格

保育士資格 国家資格

保育士は児童福祉法に定められる保育所や、児童養護施設・知的障害児施設などの児童福祉施設や、老人施設・障害者福祉施設などで幅広く活躍できる資格です。本資格は卒業と同時に取得できます。
※3年課程は豊岡短期大学 通信教育部 こども学科の学習サポート校として取得可能

幼稚園教諭2種免許 国家資格

幼稚園は学校教育法に定められた教育機関、つまり「学校」であり、幼稚園の「先生」になるには幼稚園教諭の免許が必要です。本校では豊岡短期大学 通信教育部 こども学科の学習サポート校として、卒業と同時に取得できます。
※豊岡短期大学 通信教育部 こども学科の学習サポート校として取得可能

豊岡短期大学こども学科 卒業資格 短期大学士 幼児教育学

本校では、豊岡短期大学 通信教育部 こども学科の学習サポート校として、卒業時に短期大学卒業資格も取得することができます。短大科目の単位は授業に組み込まれ、レポートの提出、単位修得試験により履修します。
※豊岡短期大学 通信教育部 こども学科の学習サポート校として取得可能

折紙講師資格

本校では、豊かな表現力と独創性を養うため、授業に「折紙」を取り入れています。他にはない独自の教科であるこの「折紙」の授業を通じて、本校学生には日本折紙協会認定の折紙講師資格が付与されます。

社会福祉主事任用資格

各行政機関で保護や援助を必要とする人々の相談・指導・主事にあたる社会福祉主事。卒業時に得られるのは「任用資格」なので、卒業後公務員試験に合格し、関連部署に配属されてはじめて社会福祉主事として働くことができます。
※豊岡短期大学 通信教育部 こども学科の学習サポート校として取得可能

幼児体育指導者

幼児・児童に対し安全で楽しい体育指導の育成を目的とした資格です。体力づくり運動をすることで健全な発達と発育を促すことができ、幅広い知識を持ち合わせた幼児教育者になることができます。
※希望者のみ取得

介護職員初任者研修 [旧ホームヘルパー2級]

高齢者等の生活の介助をするための資格であったホームヘルパー2級は2013年4月から名称が変更となりました。これまでは在宅福祉サービスを主な目的としていた資格ですが、介護職全般の入口にあたる資格となりました。
※希望者のみ取得

普通救命講習修了証

関わる人たちの安全や健康への配慮は、現場で最も重要とされます。本校では急な病気やけがに対する適切な応急手当の知識と技術を身につけるため、普通救命の講習を行い、受講後には修了証が与えられます。

本校卒業資格 [専門士]

本校卒業生には「専門士」の称号が与えられます。専門士とは、専門学校で学んだ技術や教養といった学習成果を適切に評価するために設けられた称号ですので、自信と誇りをもって社会へはばたいてください。

ピアヘルパー

カウンセリングや関連する心理学の理論方法について学習し、保育・福祉・教育などの現場で人と関わるために必要な基本的な力を身につけた者であることが証明される資格です。 ※希望者のみ取得

ネイチャーゲームリーダー

こどもや、大人に自然を案内する案内人であり、キャンプやこども会など自然体験で保育においてもいかせる資格。幼児教育や学校教育、社会教育の現場で「プラスα」として期待されています。 ※希望者のみ取得

学科・コース別 資格一覧

こども学科 保育士コース

保育士資格★
折紙講師資格
普通救命講習 修了証♣
本校卒業資格
幼児体育指導者♦
介護職員 初任者研修♦
ピアヘルパー♦
ネイチャーゲームリーダー♦

資格取得可能数/最大8種

こども学科 保育士・幼稚園教諭コース

保育士資格★
幼稚園教諭 2種免許※
折紙講師資格
短期大学士※
普通救命講習 修了証♣
本校卒業資格
幼児体育指導者♦
介護職員 初任者研修♦

資格取得可能数/最大9種

こども未来学科

保育士資格★
幼稚園教諭 2種免許※
折紙講師資格
短期大学士※
普通救命講習 修了証♣
本校卒業資格
幼児体育指導者♦
介護職員 初任者研修♦

資格取得可能数/最大9種

★…3年課程は豊岡短期大学 通信教育部 こども学科の学習サポート校として取得可能
※…豊岡短期大学 通信教育部 こども学科の学習サポート校として取得可能
♦…希望者のみ受講。別途費用あり。受講希望人数により、開講できない場合があります
♣…2年課程こども学科 保育士・幼稚園教諭コースでは、希望者のみ受講。別途費用あり。受講希望人数により、開講できない場合があります

  • HOMEに戻る
  • トップへ